採用情報メニュー

仕事紹介と先輩の声

先輩の声

グラフィックデザイン担当 宮 昌美

仕事内容を教えてください。

店頭で並んでいるたくさんの商品から自分に合った物を選ぶ時、ブランドや特長、デザイン性などを見て購入すると思います。私の仕事はそういった商品要素の中でも消費者に心理的な要素を与える、商品のカラーリングについての業務を行っています。具体的には設計された商品に対して、用途やトレンドなどを意識したカラーコンセプトを考え、各部材に配色します。その後他部署と連携してカラー試作を繰り返し、商品に相応しいカラーに仕上げます。

仕事の中で、どのような時にやりがいを感じますか?

質感や色のトーンなど無数にあるイメージの中から、コンセプトを考え、実際の製品にカラーリングされた姿を見る時は、ドキドキ感とともに達成感を感じます。またカラーが与える印象はともて大きいので、発売して年月の経った製品のカラーリニューアルを担当した際は、今までの見慣れた商品が色を変える事で時代に合ったイメージに生まれ変わり、カラー担当としてのやりがいを感じました。

職場の雰囲気はどうですか?

デザイン・設計課は20名と社内では比較的人数が多い部署ですが、年齢層も幅広く家族のようなアットホームな雰囲気です。商品をデザインし作り上げる部署なので、集中する時は集中し、各々の趣味や最近の流行のお店など日常の会話も織り込ませながら、和やかに商品開発を行っています。

リッチェルのどこに魅力を感じましたか?

元々ものづくりが好きで、自分の作った物をたくさんの人々に喜んで使ってもらいたいという夢があったので、ベビー用品からお年寄りが使う介護用品、ペット用品に至るまで幅広くものづくりをしているところに魅力を感じました。
また商品のデザイン力や提案力、品質の高さもリッチェルを志望した理由です。

今後の目標を教えてください。

たくさんの人々に喜んで使ってもらえる商品作りをするという思いを常に忘れず、1つ1つの商品に対して熱意を持ってカラー提案に取り組みたいと思います。また今後はもっと専門的な知識や経験を積み、商品のカラーを通して心を楽しませたり、使って快適に感じるような提案ができるように感性を磨いていきたいと思います。

就活中の学生さんにメッセージをお願いします。

「ものづくりをしたい」「いろんな分野に挑戦したい」という方はリッチェルはオススメです!私は入社し、様々な仕事を担当させてもらいましたが、幅広い分野、幅広いセクションを通してものづくりに携わることができました。 またどんな職業にしても、自分の熱意や思いを忘れずに取り組んでください。しっかりと思いを持つ事で、就職活動中も入社した後も自分の支えになってくれるはずです。

PAGE TOP