採用情報メニュー

仕事紹介と先輩の声

先輩の声

製品設計担当 井田 悠太

仕事内容を教えてください。

3Dプリンター様々なカテゴリーの設計提案と図面作成をしています。企画課からの企画書を元におこした図面を課内でプレゼンし、作成した図面が企画の要望に沿っているか、生産コストは意識されているか、お客様が安全に使用できるかなどのチェックを企画者と技術者と検討します。何度も検討し、修正して図面を完成させます。商品の機能性、利便性、デザイン性、生産性、安全性などのバランスが取れた設計をするのが私の仕事です。

仕事の中で、どのような時にやりがいを感じますか?

まだまだ知識のない自分に、教育の一環としてどんどん仕事を与えてくれる上司に感謝するとともに、その仕事を上手くこなすことができた瞬間にとてもやりがいを感じます。新米でまだまだ研修を行う日々ですが、毎日自分のスキルが上がっていくことを実感できることで自分のモチベーションが上がります。  
設計担当として一連の業務が1人で全てできるようになれば、今よりもやりがいを感じられると思います。

職場の雰囲気はどうですか?

デスク普段はそれぞれ黙々と業務を行っていますが、時には息抜きとして情報交換や世間話などで会話が弾むなど、職場の雰囲気はとても明るいです。また、技術に卓越した方が多く、わからないことは何でも相談に乗ってもらえる職場です。そんな頼れる先輩の技術を早く吸収し、自分も頼りがいのある社員になりたいと思います。職場の“若きエース”を目指しこれからも頑張ります。

リッチェルのどこに魅力を感じましたか?

普段何気なく使っている家庭日用品がリッチェル製品だったことに気付きました。さらにはペット用品、介護やベビー用品など様々な分野に商品を展開しており、そういった日々の暮らしに欠かせないものを作ることに携わることができるところに魅力を感じました。  
また、業務面では社員の教育体制が手厚く、新入社員でも安心して仕事に必要な知識を十分に身に着けることができることも魅力です。

今後の目標を教えてください。

自分の仕事に自信を持ち、先輩と肩を並べるような設計担当になるために、専門知識や作図スキル向上を意識していきます。まず「製品設計」「構造強度解析」「モデル試作」の業務を重点に課題をクリアするのが目標です。
リッチェル製品をお客様が安全に使っていただけるように、設計段階で試行錯誤し品質の良い商品づくりを行いたいです。

就活中の学生さんにメッセージをお願いします。

就職活動を何から始めればいいかわからない方、まずは様々な企業を知ってください。それに対しての自分の“持ち味”がどの企業に生かせるか照らし合わせてみると、自然とやってみたいことが見えてくると思います。そして面接では守りの姿勢ではなく常に攻めの姿勢でその“持ち味”を相手にぶつけてください。後悔しない就職活動をすることで、入社後もいきいきと仕事がでるはずです。

PAGE TOP